« リボ払いは計画的に! | ホーム | クレジットカードの作り方や審査など »

2019年2月17日

ゴールドカードとノーマルカードの違い

いろいろな特典が受けられることがメリットのゴールドカードですが、これはどのくらい一般的なノーマルカードと違いがあるのでしょう。
まず利用限度額には大きな差があり、ノーマルカードが基本的に50万円程度が限界なのに対してゴールドカードは最低ラインが50万円だったりします。
それでいて限界は200万円までいくものもあり、これは一番大きな違いといってもいいかもしれません。
次に社会的なステータスの面でも違いがあり、ノーマルカードを持っていても誰も驚きはしませんが、ゴールドカードであればそれを見せるだけで動揺を誘うことができます。
人によってはゴールドカードの本物を見たことがないこともあるので、かなり優越感を得ることができるでしょう。
仕事上でもこのステータスが活躍することがあり、取引先にこれを見せればそれだけ信用できる人だとアピールすることができます。
ゴールドカード限定のサービスで、各種料金が安くなるということがあるのもノーマルカードとは違う部分でしょう。
とにかくゴールドカードは、その便利な部分もさることながら、持っているだけで大きく自分に有利に働くカードなので、作れるようであれば一枚持っておいて損はありません。

このブログ記事について

このページは、nohandが2019年2月17日 09:07に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「リボ払いは計画的に!」です。

次のブログ記事は「クレジットカードの作り方や審査など」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。