2019年2月アーカイブ

2019年2月23日

個人事業主がクレジットカードを作るときに見られる1番の部分

個人事業主がクレジットカードを作るときに大切なのは収入の額そのものではありません。どちらかというとその収入がどの程度安定しているか?です。極端に収入が少なくない限りは、収入が高いけど月によって金額が変わる人よりも、収入が少ないけど毎月同じような金額を稼いでいる人の方がクレジットカードの審査で有利になることが多いとされています。会社員の場合には、毎月給料が大きく変わるなんてことはまずないですけど、個人事業主だと、それが普通にありえるので、ここは個人事業主独特のクレジットカードの審査基準になっているかもしれません。収入は低いよりは高い方が良いけれども、不安定だとダメなのです。不安定なくらいならば、毎月の収入が少ないけど、安定している人の方が個人事業主のクレジットカードの審査は有利と言えると思います。だから、個人事業主がクレジットカードの審査に通りたいならば、できるだけ毎月の収入を同程度に揃えることが重要です。そっちの方がクレジットカード会社としても見栄えが良いということになりますから。個人事業主のがクレジットカードの審査に通りたいならば、こういったところは審査においてかなり見られている部分として覚えておくと良いと思います。

2019年2月21日

飛行機以外でもマイルが貯まるクレジットカード

仕事の関係上、新幹線での移動が非常に多く、また年に5回ほど飛行機での移動もするという方にオススメなクレジットカードです。上記の内容に当てはまるのが、私の主人なのですがそんな主人が使い始めたのがこちらのクレジットカードです。主人の上司がANAが好きで、飛行機のチケットもANA指定なので主人は『ANA Suica VISAカード』を利用しているのですが、年会費2000円カード利用1,000円につき1ポイントマイルへの交換:1ポイント=5マイル(10マイル※)※10マイルコースコース入会時になります。また入会時と毎年来る継続更新の際に1,000マイルが付与されるのでマイルを貯めよう!というモチベーションが上がると思います。モバイルSuicaを利用するとモバイルSuicaの年会費が無料にもなるようです。主人は、仕事上発券しなければならないのでモバイルSuica会員にはなっていないのですが、新幹線の発券する必要が無い方はとても便利な機能だと思います。お得なポイントカード、お得なクレジットカードが大好きな主人が利用しているクレジットカードですので絶対だと思います。またJALがお好きな方には似たようなクレジットカードに『JALカードSuica』などがありますので、少しの時間でも調べてみては如何でしょうか。

2019年2月20日

クレジットカードの作り方や審査など

クレジットカードを作るにはまずオンライン、郵送、店頭のいずれかの方法で申込む必要があります。
オンライン申込みなら24時間いつでも申し込める、手間や時間がかからない、カード発行までが早いなどのメリットがあるので、近年ではオンライン申込みが主流です。
クレジットカードを作る際には運転免許証や健康保険証、パスポートなどの本人確認書類を提出する必要があります。ただし、現住所と本人確認住所に記載されている住所が異なる場合は、現住所が記載されている補助書類(公共料金の領収書、国税や地方税の領収書や納税証明書など)も提出しなければいけません。
また、クレジットカードを作るには代金引き落とし用の銀行口座番号や銀行届印、カードを受け取れる住所なども必要になります。申込者が未成年の場合は親の同意書も必要になります。
申込んでからカードが到着までの日数は申込み方法によって異なります。オンライン申込みなら最短即日、遅くても1週間程度でカードを受け取ることができますが、郵送申し込みだと3~4週間程度、店頭申込みだと2週間~1ヶ月程度かかります。
クレジットカードの審査基準は安定した収入があること、勤務年数や現住所の居住年数が1年以上であること、信用情報に事故情報がないことの3つが最低条件になります。ただし、安定した収入がない学生や主婦でも、親や配偶者に安定した収入があれば、クレジットカードを作ることは可能です。
また、基本的に利用上限額が高くなるほど審査基準も厳しくなります。クレジットカードはオンラインで申込むと、様々な付帯サービスを利用できることが多いです。
オンライン申込み限定の付帯サービスはポイント還元率アップやポイントプレゼントなどが多いですが、カードの種類によっては海外旅行保険などの保険が付くこともあります。
クレジットカード作り方の基礎知識については、クレジットカード作り方|初心者におすすめのカードを紹介!等の情報も見てみてください。

2019年2月17日

ゴールドカードとノーマルカードの違い

いろいろな特典が受けられることがメリットのゴールドカードですが、これはどのくらい一般的なノーマルカードと違いがあるのでしょう。
まず利用限度額には大きな差があり、ノーマルカードが基本的に50万円程度が限界なのに対してゴールドカードは最低ラインが50万円だったりします。
それでいて限界は200万円までいくものもあり、これは一番大きな違いといってもいいかもしれません。
次に社会的なステータスの面でも違いがあり、ノーマルカードを持っていても誰も驚きはしませんが、ゴールドカードであればそれを見せるだけで動揺を誘うことができます。
人によってはゴールドカードの本物を見たことがないこともあるので、かなり優越感を得ることができるでしょう。
仕事上でもこのステータスが活躍することがあり、取引先にこれを見せればそれだけ信用できる人だとアピールすることができます。
ゴールドカード限定のサービスで、各種料金が安くなるということがあるのもノーマルカードとは違う部分でしょう。
とにかくゴールドカードは、その便利な部分もさることながら、持っているだけで大きく自分に有利に働くカードなので、作れるようであれば一枚持っておいて損はありません。

2019年2月11日

リボ払いは計画的に!

今月クレジッドカードで買い物をしすぎちゃった...そんなときに便利なのが「リボ払い」ですよね。しかし、「リボ払い」は使い方を間違えると大変なことになってしまうこともあります。今回はそんな「リボ払い」のメリットとデメリットをご紹介していきます。〇メリット「リボ払い」はどれだけクレジットカードを利用したとしても月々の支払は一定額で済みます。「今月はお金がないけど、来月には支払い分を用意できる」などの場合には有用になります。〇デメリットどれだけクレジットカードを利用したとしても月々の支払が一定額で済むため、金銭感覚が麻痺してきます。気づけば利用額が上限までリボになっており、利息を払うだけで精一杯なんてことにもなりかねません。一時的にお金がないなどの場合には「リボ払い」は有用となりますが、お金がないのに無理して贅沢をしているなどの場合は「リボ払い」で借金まみれになることもあります。ご利用の際にはご自身の収入などをしっかりと考えることをオススメします。

2019年2月 3日

友人紹介をしてクレジットカードにポイントが付く

私が初めてクレジットカードを作ろうと思ったのは、食事の支払いの際に知人がサッと財布から格好良くカードを取り出し、支払った姿を見てからです。なんてスマートにクレジットカードを出して支払いをするのかと、その姿に憧れて入会しました。そのカードでコンビニでおでんを買ったら、友人が「便利だね」というので、友人紹介サービスを紹介したら入会したので、二人に1,000ポイントずつ付き、紹介して良かったです。何人でも紹介してもいいサービスでしたので、3人の友人を紹介して、3,000ポイントもゲットできたのは大きいです。クレジットカードのサイトから経由して、ショッピングしたときの支払いをポイントで払ってもまたポイントがつき、嬉しく感じました。

このアーカイブについて

このページには、2019年2月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2019年1月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。